Hatena::Grouphtnbk

『エロの敵』やら『教科書×教科書』の感想を淡々と記録するよ このページをアンテナに追加 RSSフィード

このページについて

安田理央『エロの敵』、ばるぼら『ウェブアニメーション大百科』『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』への反応逆リンク集です。淡々と記録しています。

2007年2月22日

http://d.hatena.ne.jp/amiyoshida/20070222/1172112682

エロボキャブラリーを鍛えたい方はぜひ、お買い上げいただくと今後の人生にいろいろ役立つでしょう。お得意先のあの人と話が困ったときなど、さらっとエロを語れたら難しい取引もあら不思議!大成功~!

そうだねプロテインだね

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20070222

2007年2月21日

http://plaza.rakuten.co.jp/saru711/diary/200702210001/

知りたいひとはこれ1・2・3

http://d.hatena.ne.jp/LaclefYoshi/20070221/1172069122

ワンセグエロはどうなるか。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20070221

2007年2月20日

http://d.hatena.ne.jp/Maybe-na/20070220/1171969314

またばるぼらか!

http://muse-a-muse.seesaa.net/article/34267644.html

この話って前述のミヤダイさんの話とも絡むな。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20070220

2007年2月19日

http://d.hatena.ne.jp/akapon/20070219#p3

ネットで一人称の口語体で綴られた日記を読む時、世の中が新井素子化しているような気がしてしばしば目眩がする。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20070219

2007年2月18日

http://d.hatena.ne.jp/molmot/20070218/p3

エロ業界の現認報告書として濃密にしてシンプルな読み物だった。

http://qzmp.seesaa.net/article/34062355.html

プロレス・エロという、客の大部分が男性というふたつのジャンルで、雑誌という形態が消滅寸前にあることは偶然ではないのではないか。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20070218

2007年2月17日

http://mvp10.stn.bz/?eid=120744

文章自体も読みやすく
トリビア的になるほどねぇ~という感じで知ることが出来ました。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20070217

2007年2月16日

http://d.hatena.ne.jp/hixi/20070216/p3

で詳しく語られなかった1chの歴史を詳細に記述したサイトがですね…

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20070216

2007年2月15日

http://blog.so-net.ne.jp/invention_solitude/2007-02-15

「読もう読もう」と発売当時から思い続けて買ってない。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20070215

2007年2月10日

http://murauchi.info/weblog/2007/02/post_609.html

1年半くらい前に一回読んだ本なのですが、
今後、うちのサイトをどう進化させていくかを構想するため
もう一度バババーッと読み返してみました。

http://blogs.yahoo.co.jp/sushikuine108/46739377.html

非常にまじめにつづってある本です

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20070210

2007年2月8日

http://blog.livedoor.jp/usamiyasuyuki/archives/51406033.html

青少年、あるいはさらなる年少者の教育の在り方、さらにはインターネットそのものの規制について、大変多くの課題を提起している。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20070208

このページについて 後編

NT2Xシリーズの担当編集者(d:id:mohri)が業務の傍らではてなダイアリーのキーワードやブログ検索などから感想を捜してひっそりと更新しています。

はてなキーワードが強力すぎるのではてなダイアリーが多めになってしまうことはご了承ください。blogmapなどに引っかからないテキストサイトやニュースサイトは拾い切れないことが多々あるので、そういったところで感想を見かけたかがいらっしゃいましたら、トラックバックやコメントなどでお知らせいただければ掲載いたします。「オレも書いた!ヽ(´ー`)ノ」という自薦もお待ちしております。