Hatena::Grouphtnbk

『エロの敵』やら『教科書×教科書』の感想を淡々と記録するよ このページをアンテナに追加 RSSフィード

このページについて

安田理央『エロの敵』、ばるぼら『ウェブアニメーション大百科』『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』への反応逆リンク集です。淡々と記録しています。

2005年6月30日

http://mojix.org/2005/06/30/210847

いろいろな意味でアクチュアルな「2005年の本」であり、個人的にも、いろいろな意味で心を揺さぶられた

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050630

2005年6月29日

http://d.hatena.ne.jp/HaZaMa/20050629/1120050759

各自で調べてみてください(参考

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050629

2005年6月28日

http://weblog.cherrybabe.jp/index.php?id=1119966927

一つの歴史読み物としては秀逸。なんか妙な気分にさせてくれる本だ。

http://d.hatena.ne.jp/ysawat/20050628/p1

古書店にて

もう古本が!

http://d.hatena.ne.jp/aksummer/20050628/1119969232

文中サニーデイをみつけてぎょ。

http://d.hatena.ne.jp/fujipon/20050628#p2

斜め読みできないんですよね

Book Batonに登場!

これってReading Batonとは違うんですか?

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050628

2005年6月26日

http://d.hatena.ne.jp/matekoi/20050626#1119793821

ということで今日から「実生活とネットの境界線」を探すことを始めます。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050626

2005年6月25日

http://d.hatena.ne.jp/alfaladio/20050625#1119689348

あのころに戻りたいなぁ。

http://blog.livedoor.jp/l0502043/archives/26278761.html

読んでて分かりましたが、自分はアングラネットあたりが一番興味あるようですw

http://azumashimo.blog7.fc2.com/blog-entry-41.html

これはこれで、すごく楽しめた本でしたけど。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050625

2005年6月24日

http://d.hatena.ne.jp/gakurouo/20050624#1119596200

なぜ、ネットにおいて、センス競争が激しいのかといえば、サイトは非常に数が多く、ジャンルが細分化しているからだろう。

http://fifnel.livedoor.biz/archives/26183979.html

この本を読むまでそんなことにも気づかなかった、というか気にも留めなかった。

http://penguinshop.seesaa.net/article/4584780.html

単なる野次馬として読んでもおもしろそう。

http://blog.so-net.ne.jp/basa/2005-06-24-1

当時を知らない人が完全に置いてけぼりの内容

http://blog.livedoor.jp/grck5069/archives/26249084.html

って書こうと思ってたら、山賊さん、本になるようです。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050624

2005年6月23日

http://d.hatena.ne.jp/yomoyomo/20050623/whatisblog

変遷を踏まえた上での使い分けが必要なんだろうな

http://cbx.ameblo.jp/entry-c0363331735d8cdb9a152cbbc62613ea.html

「トラックバックもらう→トラックバックありがとうございますコメントを書く」ってのは、「WebにWAREZアップしたよ→ダウンロードさせていただきますコメントを書く」ってのと似ている気がしてならない。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050623

2005年6月22日

http://tokinowa.txt-nifty.com/snowfloatingflow/2005/06/post_5719.html

欲しいなぁ欲しいなぁと枕を涙で濡らしながら良い夢でも見ます。

http://d.hatena.ne.jp/suitou/20050622#p1

遅めの流行に乗っかってみました。

Reading batonに登場!!!

http://d.hatena.ne.jp/girlhood/20050622

自分本意の日記をつけてみたい。

http://www.iq01.jp/blg/archives/002231.html

知識に呑まれずに乗りこなすかんじがすてきです。

Reading batonに登場!!!!

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050622

2005年6月21日

http://mazimato.jugem.jp/?eid=10

書店で遭遇して3回目で陥落

http://blog.goo.ne.jp/sandytimes/e/d8973d122aff6ee9033928c73e3e20f2

こりゃー他の人も覚えてることを忘れないうちに何処かに記録しておくべきでないかい!?

http://d.hatena.ne.jp/laiso/20050621/rb

俺の中ではテキストサイトのテキストと出版物は別のものだという感覚がある。

http://d.hatena.ne.jp/mageia/20050621

はてなセレブになりたい!(言いすぎ?)

アカデミシャンに読んでほしい一冊。

http://d.hatena.ne.jp/mutronix/20050621/baton

2005年6月が「Musical Baton流行」とか書かれるのは、気持ち悪かろう

http://d.hatena.ne.jp/theinvisiblegun/20050621#p9

根が几帳面じゃなきゃあれだけの本は作れない

http://coimbra.on.arena.ne.jp/prse/ii/ (2005年6月21日(火))

ところで関係無いけどBerryz工房のライヴは最高でした。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050621

2005年6月20日

http://cgi.members.interq.or.jp/sun/chanoyu/private/hns-lite/index.cgi?20050620&to=200506203#200506203

そういえばネット発注しないとなぁ、と思っていたところに1冊発見した。

http://d.hatena.ne.jp/elecsta/20050620#p4

欲しス

http://d.hatena.ne.jp/pouse/20050620

時間つぶし、暇つぶし、ただの娯楽に知識欲。

Reading batonに登場!

http://d.hatena.ne.jp/huraibou/20050620/p2

買ったその日のうちに読んでしまいました。

Reading batonに登場!!

http://d.hatena.ne.jp/shiranui/20050620#p1

インターネット上のコンテンツは簡単に消えるので、残念だなあと思うことはよくある。

この本を作ってるときにも同じことを頻繁に感じました。

年月を経たデジタルデータは、そもそもロストしているか、探せない(焼いたCD-Rのどれかにあるんだけど……)か、劣化してる(画像が歪んだり途中から文字化けしたり)か、開けない(作成したアプリがもう無い)ものばかりで、けっきょく1996年以前のインターネットの様子を振り返るとなると紙媒体(当時の雑誌など)に頼らざるを得ないところがかなり大きくなりました。

http://blog.livedoor.jp/asapgrace/archives/25767792.html

思想が違えば同じ行為でも意味が違う。

こんな解釈の仕方はなかなか面白い。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050620

2005年6月19日

http://d.hatena.ne.jp/kataru2000/20050619#p1

まさにその昔岡田斗司夫さんが言っていた「自由洗脳社会」ですね。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050619

2005年6月18日

http://www.h-yamaguchi.net/2005/06/post_3c26.html

ネット世界で何が起きたかをこれだけの執拗さで追っかけたところに真価があるのだろう。

http://book.soutei.jp/?eid=12818

虹色に光っていて玉虫みたいですごい綺麗な装丁でした。

ありがとうございます。

すっごいコストが高そうな紙・・・。

マットコート紙に銀PETラミネート加工しました。

「デザインの優れた本の装丁を一冊ずつ紹介していくブログ」の2回目に取り上げていただいて光栄です。面白そうなので更新たいへんでしょうけど頑張ってください。

http://hask.blog6.fc2.com/blog-entry-120.html

せどりとブログって相性いいような気する

http://d.hatena.ne.jp/uboshi/20050618/naitousaiban

  • コミュニケーションのコンテンツ化

http://d.hatena.ne.jp/matsunaga/20050618#1119062204

載ってない

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050618

2005年6月17日

http://d.hatena.ne.jp/orjp/20050617#p1

活字に残ると嬉しいものだ。

http://d.hatena.ne.jp/PultraMan/20050617#1119005985

改めてすごい人ですな。歴史なのですね。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050617

2005年6月16日

http://www2.big.or.jp/~iki-iki/?date=20050616#p02

高かったけど読むぜ。

http://michi.fandango.oops.jp/?eid=213150

夜な夜な思いを馳せながらページをめくろう。

http://kanegon.way-nifty.com/blog/2005/06/post_e3dc.html

先月新聞の書評で紹介されていたのをみて,注文していた本がやっと届きました。

http://blogs.dion.ne.jp/zzz/archives/1301202.html

大学時代に「狂徒大学」ってサイトがこっそりできていて、そこに大学の過去問とか授業のノートが幾つかアップされていました。あれ、誰がやっていたんだろう。

そのサイト、便利ですね。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050616

2005年6月15日

http://www.nao-cha.net/C511551584/E168715154/index.html

相関図をまとめたら面白いかも。やんないけど。

http://d.hatena.ne.jp/kazupaso/20050615

荒らしがネットを成長させた。

http://d.hatena.ne.jp/uboshi/20050615/p3

総務省の皆さんにはしつこくこの本をお勧めしたいと思います!

http://okajima.air-nifty.com/b/2005/06/post_8a88.html

作る価値があると思ったものは打算や収益性にとらわれず作るべし、ということだな。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050615

2005年6月14日

http://ohkubo.s53.xrea.com/diary/?date=20050614#p03

自分の通ってきた時間が、整然と記載されている。

http://hsbt.que.ne.jp/diary/20050614.html#p01

組版が終わっている。

読む気すら起きない。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050614

2005年6月13日

http://butayarou.seesaa.net/article/4319895.html

本屋で確認してうれしかった。でも高かったので買ってはいない。

http://d.hatena.ne.jp/uboshi/20050613/p3

A おれはおまえの『教科書ry教科書』じゃない

B 眞鍋かをりの『教科書ry教科書』話

C 『教科書ry教科書』の感想を淡々と記録するよ

ひとつ実在するページが混じってますが (;´Д`)

http://d.hatena.ne.jp/sasezaki/20050613#p1

今売りの号で紹介がてら指摘されてました。

そういえばまだ掲載誌をいただいていなかったような、と書こうとして、こちらも2冊送らないといけないのを忘れていました。さっそく手配します。すみません>HJ編集部さま

http://www.7438.com/archives/001334.html

私はこういう事をきちんと知っておきたいと思いました。

http://rockside.exblog.jp/2018006

やはりアングラの部分が面白かったわ。

http://d.hatena.ne.jp/kasuho/20050613/p4

今回は見送り。

http://www.byakuya-shobo.co.jp/hj/ (ハッカージャパン2005年7月号のご案内>プレゼント)

古参・新参のネットユーザーは必読!?

つまり全員?

■ 本の直接の感想では無いですが、こういう記事(と反応)が……

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050613-00000027-fis-biz

一部証券紙では、同社を注目銘柄として取り上げている。5月発売の「教科書ry教科書」が好調なほか

ど、どこの証券誌ですか?(;´Д`)

http://dosiroto.blog.ocn.ne.jp/diery/2005/06/post_2950.html

ある証券紙が材料として紹介したようですね。

http://blogs.yahoo.co.jp/ogiwara_hsk/4774174.html

翔泳社の株が上がっている引き金にも紹介されている

http://blog.livedoor.jp/kotake3452/archives/25126731.html

翔泳社が久々の値上がり。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050613

2005年6月12日

http://54ozzy.jugem.cc/?eid=340

友人が昔やっていたサイトが出てきたり、知人の名前があったりと、そんなところを探すのが面白いかな。

http://d.hatena.ne.jp/otsune/20050612/p4

もう少し迷彩しないと洗脳合戦に失敗しそう。

http://d.hatena.ne.jp/roadman/20050612#p2

出来ればインターネット時代だけでなく、パソ通時代から扱って欲しかったところですが

いちおあります。付録で。

http://d.hatena.ne.jp/sasezaki/20050611#1118495458

いつまでやるんすか(;´Д`)

ええと……いつまでやりましょう?

山田のURLは著者校のあと修正メールが別送で来てたのですが、編集スタックに積まれたまま反映し忘れてたのでした。すんません>各所

http://yesterday.blog1.fc2.com/blog-entry-277.html

そろそろ新しい何かを表現すべき時期に来ているんじゃないかな?

http://blog.literacy.jp/archives/25019679.html

著者の情熱がびしびし伝わってきました。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050612

2005年6月11日

http://www2.atwiki.jp/yukari/pages/12.html

結局買わないことにしましたよ

(´・ω・`)

http://d.hatena.ne.jp/ipusiron/20050611#p1

こういうところはマニアには嬉しい点ですね。

そこに注目していただけて嬉しいです。まさしく著者のこだわりでしたので。

http://d.hatena.ne.jp/amaden/20050611/p1

昔からいるのだがばるぼらさんの本にのってない。

http://blog.livedoor.jp/patrasche/archives/24898502.html

おもしれー、すげー、詳しいと思いつつ(以下略

http://ayakashi0173.seesaa.net/article/4286137.html

どっちもページ数が半端じゃない

『ハッカーの教科書完全版』も大人気ですね。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050611

2005年6月10日

http://blog.livedoor.jp/sho_shi/archives/24831675.html

古参ぶった事を言って、自分が特別であるかのように思いたがってしまうのだろう。

http://mixi.jp/view_item.pl?reviewer_id=267155&id=140246

マニアックなサブカルチャーの解説書という意味では、確かに話題になるだけの本だなぁ

http://blog.livedoor.jp/nosferatu_non/archives/24757408.html

あれは口が裂けても言いません!

http://d.hatena.ne.jp/miruhu/20050610#p1

本当にピンからキリまで、思わずニヤリとしてしまう年表

http://blog.livedoor.jp/hyper_jetstream/archives/24809195.html

この手の本は1ヶ月くらい時差があるらしい...

http://blog.good-mind.com/archives/2005/06/post_63.html

なんかあれはちょっと悲しいと思った。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050610

2005年6月9日

http://blog.livedoor.jp/hid32/archives/24639856.html

ナイコン族でべーマガ読んでた頃

http://d.hatena.ne.jp/toyo_spelunker/20050609/p1

と評価は保留されているのみだ。

http://mokolog.cocolog-nifty.com/mokolog/2005/06/post_c1c7_1.html

なんだか少し元気がでましたw

それは良かったです。

http://www.diabolo.jp/kyablog/20050609.html

お荷物が届きました

http://d.hatena.ne.jp/mori-yoshiro/20050609/p2

文字が小さいのはサブカルだと思った

http://d.hatena.ne.jp/amiyoshida/20050609/1118313854

おや、こんなところに・・・。

竹熊健太郎著『教科書に載らないニッポンの歴史教科書』 って……

宣伝いただけるのは嬉しいんですけど、なにも合ってませんが(;´Д`)

せめて書名と著者名は確認おねがいします>吉祥寺弘栄堂書店さん

関連:本屋のほんね - 勝手に本屋ミシュラン #36

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050609

2005年6月8日

http://blog.livedoor.jp/binbit/archives/24624794.html

とてもハマってしまいそうな濃い内容です。

http://blog.goo.ne.jp/panyawo/e/e91d5b3fcd4cfc7160712d18116d74b7

これ 「99年5月号」 の間違いですね(笑

著者に確認して正誤表に掲載します。情報ありがとうございます。

http://blog.livedoor.jp/sakanawa/archives/24587124.html

第3位からスタートしました。

おめでとうございます。

http://d.hatena.ne.jp/spz/20050608#1118246286

このひと最近面白いなあと思っていたら、実はその人が面白いのは5年も前からだったとしたら

http://d.hatena.ne.jp/achaco/20050608#p2

みんなが自分にできることやしたいことを本気で考えて本気で楽しんでる

http://d.hatena.ne.jp/delunnehr/20050608/1118233947

当事者の証言というものは本当に面白い

本書への感想ではないのですが、面白かったので。

http://d.hatena.ne.jp/funtopp/20050608#p3

面白い

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050608

2005年6月7日

http://www.muziyoshiz.jp/20050607.html#p01

年表は、長い年月を経た後にこそ価値があります。

http://www.nantoka.com/~kei/diary/?200506a&to=200506072S1#200506072S1

読み物だから困らないのだけど。

http://t.6sese.info/?date=20050607#p04

本は本棚の肥やしです。

http://muziyoshiz.jp/20050607.html

年表は、長い年月を経た後にこそ価値があります。

http://d.hatena.ne.jp/akapon/20050607#p2

「おたく世代」という言葉が具体的にどの辺りの世代を指すのかがこれだけでは判らない

http://blog.zio-matrix.org/?eid=173517

在庫切れ

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050607

2005年6月6日

http://d.hatena.ne.jp/fze/20050606#p2

日記リンクスのすごかったところは、「ただの日記」と卑下していたものを、逆に一番面白いものであると公然と示したところ

http://d.hatena.ne.jp/Demonbane/20050606#p2

結構面白い。

http://d.hatena.ne.jp/kudan/20050606#1118060669

「霞ヶ関」のデータをフロッピーに入れて高校に持ってくる奴とかいたなあ。

http://d.hatena.ne.jp/uboshi/20050606/p1

「教科書~」の記述と合わせて読むと妙な感慨が・・・・

http://k-takoi.cocolog-nifty.com/blog/2005/06/post_0ffc.html

本当にすごい本だわ

http://2.suk2.tok2.com/user/nyannyanmushi/?mod=day&y=2005&m=06&d=06&a=2

ばるぼら、で画像検索したら、手塚さまの本の表紙が山と出てきた

http://blog.so-net.ne.jp/inu-chika/2005-06-05-1

「日本史の、凄く面白そうな教科書が出版されたよ」と兄に紹介してしまった……。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050606

2005年6月5日

http://kirastar.cocolog-nifty.com/blog/2005/06/post_26dc.html

インターネットのハード面ではなくソフト(サイト)の年表と分析、解説、紹介

http://kano.feena.jp/diary/20050604.html#c05 (2005-06-05 (Sun) 15:03)

良くもまぁここまで丹念に重箱の隅を掘り返したなっていう。

http://d.hatena.ne.jp/kuriyamakouji/20050605/p1

図書館の新刊コーナーに

おお!

http://www.henjinkutsu.net/ (2005/06/05(日曜日) 最近キャスターさんが可愛くて可愛くて…)

余りにも本物である

http://stella.cocolog-nifty.com/starchartlog/2005/06/networker.html

付録的に書かれた「パソ通フォーエバー」は、残念ながら私の満足するものではありません。

http://d.hatena.ne.jp/tumo7700/20050605

迷ったけど

http://blogs.dion.ne.jp/zzz/archives/1232843.html

ページ数多すぎ。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050605

2005年6月4日

http://www.x68000.org/diary/?date=20050604#p01

久々に本代だけで1万以上使った

http://www2s.biglobe.ne.jp/~omo-8/ (050604 (Sat))

その一点の曇りもない無駄な努力の集積ぶり、時代の泡沫ぶりに泣けてきたよ。ピュアだ。

http://d.hatena.ne.jp/Tigerlily/20050604#p1

「ピンフラ*1好きにはたまらないグルーヴが出てるよねー!」

http://d.hatena.ne.jp/akapon/20050604#p2

読まない訳にはいかなくなった。

http://mokeke.blogzine.jp/toka/2005/06/200504102005060_4993.html

興味のある箇所を拾い読みするだけでも面白いですなぁ。

http://d.hatena.ne.jp/ichiyu/20050604/p2

Macintosh SEが私が使った最初のパソコンというわけではなく

http://d.hatena.ne.jp/cutxout/20050604#p2

この辺を中心に眺めてみたいところ。

http://d.hatena.ne.jp/cinematic/20050604#p2

色んなサイトが載っている年表を見るのが楽し過ぎる。

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050604

2005年6月3日

http://d.hatena.ne.jp/zaikabou/20050603#1117806513

本って時々、カッとなって買っちゃうのよね。

歯止めが効かなくなるときってありますね。

http://d.hatena.ne.jp/spz/20050603#1117813034

↑笑えた。

http://d.hatena.ne.jp/phage/20050603#p1

江戸幕府!!とか言われてもねー。

http://riu-t.air-nifty.com/main/2005/06/post_2fbf.html

まだ読んでません(笑)

http://d.hatena.ne.jp/port445/20050603#p1

「字がちっけぇ~」と思わず尻込み

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050603

2005年6月2日

http://minegi.skr.jp/fread/?date=20050602

一般のお子様には到底見せられませんよ

http://d.hatena.ne.jp/kokada_jnet/20050602#p1

みなさん、楽しくよろしくやってくれ

http://park10.wakwak.com/~kikuchic/cgi-bin/ezjoho.cgi (東大に着くと 05/06/02(木)22:13:51)

「たとえ読まなくたって手に取れば解る」

http://d.hatena.ne.jp/u39/20050602#p2

流行ものですね

http://brutalfrog.seesaa.net/article/4088540.html

まだまだ間違いは多かったのでした...。

すいません (´・ω・`)

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050602

2005年6月1日

http://niats.jp/archives/2005/06/post_1.html

あゆ版とかどこまで知ってる人がいるのだろ。

http://www.ginkaku.ws/index.cgi?m=t&ff=200506.dat&s=252&c=900

「突き進んで」「ゴールした」という事が素晴らしい

http://maximiliana.seesaa.net/article/4048439.html

コミュニティという切り口から、それはそれは丁寧にとりあげ、記した本

http://d.hatena.ne.jp/vacant/20050601/1117567989

そもそも俺は前衛なのだ。分かるか?

http://d.hatena.ne.jp/urouro360/20050601#yk

やっぱり文章がかっこいいよね。西海岸系web本だと思う。

http://d.hatena.ne.jp/kazupaso/20050601

貧乏学生にはちょっと高い値段がしますが

http://deztec.jp/design/05/06/01_girls.html

女子中高生らが築いては壊してきた膨大なサイト群とコミュニティの歴史

トラックバック - http://htnbk.g.hatena.ne.jp/mohri/20050601

このページについて 後編

NT2Xシリーズの担当編集者(d:id:mohri)が業務の傍らではてなダイアリーのキーワードやブログ検索などから感想を捜してひっそりと更新しています。

はてなキーワードが強力すぎるのではてなダイアリーが多めになってしまうことはご了承ください。blogmapなどに引っかからないテキストサイトやニュースサイトは拾い切れないことが多々あるので、そういったところで感想を見かけたかがいらっしゃいましたら、トラックバックやコメントなどでお知らせいただければ掲載いたします。「オレも書いた!ヽ(´ー`)ノ」という自薦もお待ちしております。